20111201_1

Facebookページを開設することで、はじめてファンとネット上で交流するという企業も多いと思います。本日は企業がFacebookページを運営する上で気をつけて欲しい6つの基本的な心構えについて書いてみます。

  1. コミュニケーションスペースであることを忘れない – ファンが多く獲得できると、宣伝の場だと勘違いしてしまいがちですが、コミュニケーションの場という認識を忘れずに運営しましょう。
  2. 親しみやすさでコメントの敷居を下げよう – あいさつ、顔文字などを使い、親しみやすい、”人”が感じられる投稿を心がけましょう。簡単な問いかけも有効です。
  3. 投稿には画像を添付しよう – 画像があるとニュースフィードの中でも目に止まりやすくなります。自社サイトのリンクをシェアする場合はOGPタグの指定も必須と言えます。
  4. 長文はNG、3行程度にまとめよう – 長文は敬遠されがちですし、コメントも付きにくい傾向があります。すぐに読めるような文章量に簡潔にまとめましょう。
  5. 投稿時間を考えよう – ファンがもっともFacebook上で活動する時間に合わせた投稿が効果的です。これはターゲットとする顧客層によって反応の良い時間帯は変わるはずなので、検証を行うのが良いです。
  6. コメントは一人ひとり、なるべく早く返信しよう – 返信する時はファンの名前を入れるなどOne to Oneのコミュニケーションを意識しましょう。コメントが難しい場合でも「いいね!」をクリックするようにしましょう。詳しい説明は日を改めますが、これが投稿をハイライト表示させる上で重要になります。

もちろん、業種等によってアレンジが必要な場合もあると思いますが、多くのファンとコミュニケーションを重ねて、賑やかなウォールを目指したいですね!

Facebookでコメント