20120217_1

Twitterは情報発信&収集の一つとして使用しています。情報を得る場合はほとんどリスト機能で見ていましたが、最近タイムラインの情報が偏っていたのでフォローするアカウントを整理させてもらっています。

私自身フォローされた場合、ある程度プロフィールや直近のツイートを確認しリフォローするかどうか判断しています。趣味嗜好が離れすぎているなどフォローしないと判断するケースは色々なのですが、「毎月◯万円稼げます」や「◯歳で年収◯億円の秘密とは」系の情報を発信しているアカウントに関してはフォローするとタイムラインが同じような情報に偏ってしまうので、最近はフォローしないようにしています。

ただ、プロフィールにそのようなことが書いていないのでフォローしてみると、すかさずDMでこのような情報URLが送られてくるととも最近では数々…おかげで私のDMはお金儲けの情報ばかりになりました。

誤解のないよう、ことわりを入れておくと、私自身このような情報は実際に試したことがないので、効果の程も分かりませんし、すべてを否定するわけではありません。ただ、現在の私には不要な情報ということでフォローは控えております。

今回のアカウント整理で今のTwitterにはこういう情報が溢れていることを改めて感じました。複数のアカウントで同じ情報を配信している方、プロフィールと全く違うことをツイートしている方(アマゾンや楽天のリンクだけをツイートし続ける)など様々ですが、こういう行為は一般的に好印象を与えないことは確かです。

TwitterはFacebookと異なり、匿名可能でいくつでもアカウントが作成でき、あらかじめ決めておいた定型文を定期的にツイートさせるような仕組みも容易に使えます。そのため、このようなアカウントや使い方が増えてしまうのですが、自動化されたツイート、DMや情報売りばかりが氾濫してしまうと本来の楽しみ方が損なわれてしまうのではないかと感じました。

「興味がない方はフォローしなければ良い」が基本だと思っていますが、その判断材料としてのプロフィールはツイート、DMの内容に沿ったものにしてもらいたいと願います。

Facebookでコメント