20120418_1

会社のブログといえば社長ブログ・スタッフブログが定番です。今日は複数メンバーで運営するスタッフブログで陥りやすい失敗と解決方法について書いてみます。会社やサービス等により差はあると思いますが、参考になれば幸いです。

スタッフブログが陥りやすい3つの失敗

  1. スタッフ間で連携が取れていない
    スタッフ間の連携が取れていないブログは更新頻度がバラバラ、テーマが被るまたは偏りが起こります。これを防ぐには「誰が、いつ、何を更新するのか」をスタッフ間で共有しておく事が重要です。
  2. スタッフ毎の記事の差が大きすぎる
    ここで言う「記事」は文章の組み立て方や構成といったライティング的な事の他に、記事のテーマ自体も含まれます。個性があるのはあたり前のことですが、余りにも差が大きすぎると会社の情報発信媒体としては適さない場合もあります。
    複数メンバーで校正チェックを入れることも有効ですが、それだと情報発信のスピードが落ちてしまうデメリットもあります。参加メンバーをある程度限定することも時には必要になるかもしれません。
  3. スタッフにブログの位置付けが伝えられていない
    実はほとんどの問題が起きる原因はここにあります。会社にとってブログはどのような位置付けで誰に対してどんな情報を発信するのかをスタッフが理解していれば前述の問題に対しても事前に体制を構築するはずです。

私の経験上多い失敗はこの3つでしたが、あなたの会社のブログは大丈夫でしょうか?読者の方も目が肥えているので、このような状況のまま運営を続けると見破られると思ったほうが良いです。

スタッフブログに比べ社長ブログはというと、ほとんどの社長様はしっかりとしたビジョンを持って会社を経営しているため伝えることも明確ですし、連携上の問題も起きることはなくスタッフブログよりもスムーズに運用できていることが多いようです。

Facebookでコメント