20120718_1

Googleは現地時間の17日、日本語と韓国語にPanda Update(パンダアップデート)を適用したことをTwitterで発表しました。今日のブログはPanda Updateと今後について予測してみました。

Panda Updateって何?

コンテンツの質を評価して検索順位を決定するアルゴリズム。転載やコピーの多いサイトの検索順位は下がり、独自情報の多いサイトの評価が高くなるとされています。Googleの発表では今回のアップデートにより5%未満のサイトが影響を受けるようです。

Panda Updateで影響を受けるサイトは?

実際の結果が見えていない現段階ではあくまで予測ですが、影響を受けるサイトの割合の数字からほとんどの企業は悪い影響を受けないのではないかと思います。ただし、一部SEO業者が施している裏技的な方法で上位表示を実現していたサイトに関しては順位が下る可能性があります。SEOの専門業者に任せていた方は一度確認されるのが良いかもしれません。

Panda Updateによりユーザーが受ける影響は?

「良質なサイトを見つけやすくなる」という大きな恩恵を受けられるはずなので、検索エンジンを使う側にとっては歓迎すべきアップデートだと思います。今後はGoogle以外の他の検索エンジンも同様のアルゴリズムの導入が予想されますね。

これからのSEOはソーシャルメディア活用が重要

検索順位を上げるには「 良質で鮮度の高い情報を定期的に発信していく」という本来あるべき運用が大切であると言えます。

従来までと同じく被リンク数が重視される点は変わらないはずですが、良質なコンテンツは自然に被リンクが増えるもの。ひと昔前は検索エンジンにクロールされるまでの時間が必要でしたが、今はTwitterやFacebookで情報を短時間で広めることも可能になりました。また、シェア・リツイートされる=有益な情報であることが多いので、ソーシャルメディアはリアルタイムで反応を図ることのできるマーケティングツールとしての役割もますます大きくなりそうです。

個人的には「SEOに裏技はない」となってもらいたいのですが、今回のPanda Updateで今後どのような影響が出てくるのか…また何か伝えたいことがあればこのブログに書こうと思います。

Facebookでコメント